化学合成

コエンザイムQ10の美容効果

美容効果がある成分と言えば、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが有名ですが、最近美容効果あるとして高い注目を集めているものにコエンザイムQ10があります。
ヒアルロン酸やコラーゲンと同様に、この成分はもともと私たちの体内に存在している成分ですが、コエンザイムQ10の美容効果とはどのようなものなのでしょうか。

コエンザイムQ10はエネルギーの源になる成分で、強い抗酸化作用により老化現象から身体を守る働きをしてくれます。
しかしヒアルロン酸やコラーゲンと一緒で、20歳をピークに一気に減少していき、体内で生産されにくくなってしまいます。
それが原因で20歳以降はどんどん活性酸素の働きが強まることになり、肌にシワやたるみがではじめるようになり、老化がどんどん進んでしまいます。
コエンザイムQ10が美容に役立つ一番の要因は、抗酸化作用の働きだと言われています。
活性酸素は体を動かすことで出る物質ですが、若い時には抗酸化作用がしっかりと働いていますが、年齢を重ねるとその働きはどんどん弱くなり、体が錆び付いてお肌のハリも失われてしまいます。
若さを維持するためには、外部からコエンザイムQ10などの美容成分を摂らなければいけなくて、外部から補ったコエンザイムQ10は、体内で還元型のコエンザイムと変化して、若い時のような正常な体の働きに戻してくれます。
抗酸化作用も高まり、美容の大敵の活性酸素を抑制してくれます。
コエンザイムQ10には血液の流れを良くする効果もあるため、体の中から健康になり、それが表面にも表れることになります。
健康でなければ本当の美を演出することはできないので、コエンザイムQ10はいつもでも美しくいるためには必要不可欠な成分だということが分かるでしょう。

このようにコエンザイムQ10は高い美容効果をもたらす成分で、年齢を共にどんどん減少してしまうこの成分は、コエンザイムQ10配合の化粧品など、外部からきちんと摂り入れてあげなければいけません。