化学合成

コエンザイムQ10は体内で合成ができる?

最近テレビCMなどでも良く名前が出てくるコエンザイムQ10ですが、それが何か知らない人もまだまだ多いことでしょう。
ここではコエンザイムQ10の働きと、その成分は体内で合成できるのかについて探っていきます。

コエンザイムQ10には健康や美容に高い効果がありますが、特に美容効果が高いことで注目を集めています。
私たち人間の体内にもともとある成分で、体内で合成される補酵素の1つです。
補酵素とはその字の通りに酵素を補う成分で、酵素の働きをサポートする役目を持っています。
人間は酵素だけでは円滑に活動することはできなく、補酵素があるからこそ体内で活躍できると言われています。
体内で合成されるコエンザイムQ10ですが、実は20歳をピークにこの成分は体内では生産されにくくなり、どんどん減少してしまいます。
抗酸化作用があることからアンチエイジング効果が高いと言われているこの成分が体内から失われることにより、老化現象が加速し、肌にシワやたるみやシミなどが現れるようになります。

コエンザイムQ10の他にも美容成分として有名なコラーゲンも体内で合成される成分ですが、年齢と共にどんどん減少してしまいます。
10代、20代の時は何もしなくても若さを保てるのは、これらの成分が十分に体内にあるからで、減少していくこれらの成分を体内に摂りいれるためには、食事やサプリメントなどを利用しなければいけません。
コエンザイムQ10は細胞の生まれ変わりも促進している成分であるため、筋肉痛の回復を早めたり、傷の治りなども早くしてくれますが、減少してしまうと老化を加速させるだけではなく、体の回復力も遅くなり、健康を維持できなくなってしまいます。
アンチエイジング効果だけではなく、多くのアスリートがサプリメントなどでこの成分を意識的に摂取しているのには、しっかりとした理由があるのです。

このようにコエンザイムQ10はもともと私たちの体内にある成分で、年齢と共にどんどん減少していき、老化や体の回復力を著しく低下させる原因となっているのです。
コエンザイムQ10は誰にとっても必要な成分なのでしっかり摂りましょう。