化学合成

化学合成のコエンザイムQ10とは

美容や健康に良いことで知られるコエンザイムQ10は、もともと私たちの身体の中にある成分ですが、年齢を重ねる度にどんどん減少していってしまうため、外部から摂取してあげなければいけません。
コエンザイムQ10はサプリメントから摂ることがおすすめですが、ここでは化学合成の成分と天然成分のコエンザイムQ10のメリットやデメリットと、サプリメントから摂るのがおすすめの理由について紹介しています。

コエンザイムQ10の最低限の摂取量は30mgと言われていますが、これを食事から摂るには、牛肉であれば1キロ、イワシなら6匹と簡単ではありません。
食事から摂るのは不可能ではありませんが、これを毎日続けていると身体に悪いことは誰でも分かると思います。したがってコエンザイムQ10はサプリメントから摂ることがおすすめです。
現在では医薬品や健康食品にコエンザイムQ10が配合され、多くの場面で活躍していますが、医薬品や健康食品に配合されているコエンザイムQ10は現時点ではテンサイやサトウキビを原料としていて、酵母および微生物による発酵や化学合成により製造されています。
市販のサプリメントには化学合成と天然成分がありますが、化学合成のものは低価格なのが大きなメリットです。
毎日続けるためには、やはりコスト面は大きな問題で、安ければ無理せず続けられることになります。
また化学合成のものは農薬の心配もなく、不純物もなくて純度が高いというメリットがありますが、デメリットとすれば、効果が緩やかなテント、石油由来の製品だと吸収しにくいところです。
これに対して天然のコエンザイムQ10は、天然であるため吸収しやすいところと、他の有効成分も一緒に摂取できるメリットがあります。
しかしどうしてもコストが高くなる点と、原料に農薬が残っている可能性があるところがデメリットとなります。

このようにコエンザイムQ10を摂取するにはサプリメントがおすすめですが、サプリメントのコエンザイムQ10には化学合成と天然成分があるので、それぞれのメリットとデメリットをよく考えて選んで下さい。